整備や検査

街中をドライブする

クレーンには設置や点検などに関して、法令により定められたいくつかの約束事があります。 その中でも特に点検は、日々の作業を安全に遂行する上で重要な事柄です。定期自主検査として、一ヶ月以内に一回行う月次点検、また一年以内に一回行う年次点検があります。そしてこのような自主検査の記録は、三年間保管するという決まりがあります。 また日々の作業前にも点検し、更に暴風や一定以上の大きさの地震があった際にも点検を行うことが法令により定められています。 このような検査を経ることによって、クレーンの安全が保たれているので、クレーンを所有している事業所は積極的に点検を行う必要があります。 そしてこのような定期検査は、専門で請け負う点検業者に任せることが、最も安心できる方法だと言えます。

メンテナンスを定期的に行っているクレーンは、長い年月高性能を保ってくれます。クレーンを所有する事業所は、安心して作業に従事するために、クレーンの保全を任せることができる専門の業者を必要としています。 個々の事業所は、クレーンの使用目的がそれぞれ異なります。点検やメンテナンスを専門に請け負っている業者は、そのクレーンの使用目的に基づいて、個別にメンテナンスの対応をしていくので安心して利用できます。 そのような業者は、補修のプロでもあるので、不調による修理の際にも信頼して任せることができます。 重量物を日夜吊り上げるクレーンを安全に管理する為に、かかりつけ医のような存在として必要とされているのがメンテナンス業者なのです。